+ La Mia Bellissima Vita
Buona giornata! ダンナさまと5歳の息子リークチカと私の日々のつれづれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

外国語と国際感覚について考える・・・

<本日、ちょっとシリアスです>

国際交流に関わっている私。
国籍問わずいろいろな人に会い、話す機会が多い。

最近、こんな事があった。
友達から怒りと涙の籠もった出来事がメールされてきた。
それによると…
あるイベントに参加していた時、某フランチャイズ英語教室の先生がつかつかと私の友達の前にやってきた。その英会話教室の先生は、開口一番こう言った。

「どうしてそんな変な名前を子どもにつけたの?!英語でどんな意味があるか知ってるの?」

面識の無い人からいきなりそう言われた友達は本当に驚いたそう。

友「この名前は○○語(英語以外の外国語)に由来があって…」
(人の話も最後まで聞かず)
先「○○語?!世界の共通語は?英語でしょっ!」

私の友達にとてもイヤな思いをさせて、その人は「お話できて良かったわ」と去っていったそう。
友達は「もう英語なんて話したくも無い!!」と大怒り。

でも、英語に罪があるわけではない。
同じ音の一塊が、違う国に行けばまったく別の意味を持つのはよくある事。
そればっかりは仕方が無い。
わざわざ人の子どもの名前を貶しになってくる、その人の人間性に問題がある事で、ことばや国の違いそれ以前の所が問題なのだ。

こんな事もあった。
某個人英語教室の先生が自分の子どもを欧米人の子どもと遊ばせたいから紹介してくれる人を探しているという。ここでポイントは「欧米人限定」というところ。そして、「英語ができれば日本語はどうでもいいと思ってる」という考えがあると聞いて、びっくり!本音を聞き出せば、「日本人の友達はいらない」って事らしい。ここは日本で私も日本人なんですケド?!
もちろん、その人が教えてるのは日本人の子どもと大人。生徒募集の広告も日本人に向けてのもの。笑顔でレッスンしている。
でも…
日本人は金ヅルであっても、友達では無いらしい。

英語に苦労した親は「せめて子どもには…」と思いがち。
もちろん、できないよりできた方がいいかもしれないけど、「英語ができれば我が子の人生はバラ色」って事には全然ならない。英語ができなければいけないところでは、英語で勝負しているのではなく、その人の仕事の能力や人間性が問われているのだから。

数年前、私たちの市でたくさんのホストファミリーボランティアが募集されたがフランス語圏の人ということもあってかなかなか集まらない。市役所の人といろんな人に電話かけまくり。何にも外国と接点が無い人よりは興味を持ってくれるかもと英語教室の先生にも電話をしてみた。

「うちの生徒さんたちはまだまだそんなレベルでは無いですから」

…生徒の可能性を否定するんだと絶句。
先生おひとりでも助けていただけませんか?と言うときっぱり断られた。
「先生」と呼ばれているこの人たちっていったい…。
行政サイドも脱力。良い先生もいるのだろうが、残念ながら行政の願いに答えてくれる人はこの時1人もいなかった。

ことばは人と人との間で使うもの。
いくら頭の中に入っていても、それは単なる「知識」でしかない。話そうとしなければ話せない。人と向き合う姿勢や相手に対する思いやりが無ければ、ことばは本来の力を発揮できないのだ。

国際交流の活動をしていて思うことは、いろんな国がありいろんなことばがあり、それに優劣は無いと言う事。当たり前なそんな事が、いろんな所で否定されている悲しい現実。国際感覚を養うということは、そんな当たり前の事を守り、多様性を認め合い、人と向き合って行く事だと思う。
自分の子どもにもそういう人間になってほしいと思うし、自分もそういう大人でありたい。

お声をかけていただく国際理解講座や講演ではそんな事を伝え、聞きに来てくださった方にも考えてもらえるといいなと思っています。







  1. 2005/10/29(土) 14:44:06|
  2. 国際交流ボランティア|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

本日のオシゴト

愛知県常滑市で講演を1本。
帰りはセントレアで、リークチカと2人遊んできました。
飛行機見るだけで2人でワクワク。リークチカがパパに電話すると言うので携帯を渡すと・・・

「パパ?飛行機乗ってお出かけしてきていい?」

と聞いていた。

残念ながら、パスポートは持ってこなかったよ(笑)

飛行機に乗れるともっといいけど、空港で遊ぶのも楽しい~♪
お店を覗いたり、美味しいものを食べたり、パパへのお土産をリークチカが選んだりして、帰路へ。
帰りは船で帰ることにした。
予約電話にかけてみると、当日の分は番号が違うと言う。教えてくれたけど、メモも何も出来ず聞き流して、適当な時間に乗り場に行ってみた。1時間に1本の船は既に満席。当日予約の番号も、HPやパンフレットに載せるべきだわ!
キャンセル待ちで運良く乗船。
最後の乗船だったのでリークチカと並んで座れる所が無く、通路を挟んで別々に座るように説得していたら、親切なお兄さんが席をかわってくれた。
2人でお礼を言って、ありがたく席を譲ってもらった。リークチカには、「大きくなったら、こんな時リークチカも席をかわってあげてね」と話した。
台風が近づいてる影響で多少揺れながらも、無事到着。
降りてみると「あれ?迎えに来てくれたの?!」というタイミングで、そこには友達がいた。スゴイ偶然!たまたま家族で散歩に来ていたらしい。

オシゴト後の移動は、電車→(空港で飛行機は見るだけ:笑)→船→バス→電車→タクシー

いろんな乗り物が見れたり、乗れたり。
リークチカにも充実の1日になったようだった。



  1. 2005/08/24(水) 23:08:57|
  2. 国際交流ボランティア|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

リリさんとの出会い

インドネシアのリリさんがやってきた。
彼女の家はインドネシア・バンダアチェ。そう、スマトラ沖地震で一番被害が大きかった所だ。
彼女に会いに来てくれた友人が、その子どもたちにこう話してくれていた。

「これって星の数を数えるほどの確立のようなことだよ!って。
あの津波で彼女が生き延びて、さらに、多くの日本人のなかで
ほんの一握りの人と出会う!
なんか感動テレマカシバニャ!!」

本当にそうだ。
世界中の人と、生きているという幸せを共有できたら・・・




  1. 2005/07/08(金) 23:45:10|
  2. 国際交流ボランティア|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

インドネシア歓迎レセプション

ライアンの受け入れの感動と行ってしまった淋しさから脱してない我が家。
しかし、今夜は週末のJICAインドネシア受け入れレセプションに出席。
ゲストに会うのはもちろん楽しみなんだけど、ちょっぴりフクザツな心境。。。家族全員、正装で出発!

直前に郵送されたプロフィールによると、我が家のゲストは女性。着いていた写真はたぶんパスポートのコピーなのだと思うけどコワイ感じ。
自分の写真だって、白黒コピーすると悲惨なんだけどね(涙)
今回一緒に受け入れする友達2人にどんなゲストだった?とメールすると「写真が・・・怖いの!」との事。みんな同じだ(笑)

実際今夜会ってみたら、小柄でにこやかな女性で、4歳の男の子がいるという。うちに同じくらいの年頃のリークチカがいる事を喜んでくれた。
今回の受け入れも楽しくなりそう♪
友達のゲストも全然怖くない~!!

今夜の私のちょっとしたイタズラ。
インドネシア語で話すと「どうして、話せるの?!」と必ず聞かれるので、「夫がインドネシア人なのよ~」と言うとみんな納得(爆)
インドネシア語攻撃を受ける夫(@@)
私は話すあちこちで「インドネシアに住んでた事があるの?!」と聞かれまくる。

いろんな事を話していくうちに、言ってる事はわかるけど答えに困る事もある。幸い、今回のうちのゲストは英語の先生なので英語で答えても大丈夫。インドネシア語で返せなくても通じてると思ってくれたのか、私が英語で答えてもずっとインドネシア語で話してくれた。
たぶん、私のインドネシア語はちびっこと大人を行ったり来たりしてるんだと思うけど、話してるうちにどんどん大人な部分が自然に増えてきてるのが不思議と自分でわかる。
もちろん、知らないことばも山ほどあるだろうけどその存在に気付いてないからそれほど不安でもない。今持ってる100%で話すだけ。

2時間あまりのレセプションはあっという間に終わってしまい、もっと話したかったなぁと言いながら帰ってきました。
週末が楽しみです。



  1. 2005/07/04(月) 23:22:30|
  2. 国際交流ボランティア|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ライアンがやってきた!

今日から我が家にアメリカの高校の先生、ライアンがステイ。
今回の受け入れ窓口は、市です。「ビジットジャパンキャンペーン」という、日本政府の「外国人旅行者訪日促進戦略」の一環というもの。
詳しく知りたい人は、こちらをどうぞ
http://www.vjc.jp/index.html

2泊3日とは言え、1日目は夕方迎えに行って、3日目は朝8時半に駅に集合という実質1日みたいな受け入れ!
U高校に見学に行っていたライアンたちを夕方迎えに行きました。
去年開催した地域の国際交流の講演会の時、U高校の生徒さん向けに案内の配布をお願いに伺ったのですが、その時お会いした教頭先生が私の事を覚えてくれていて声をかけてくださいました!嬉しかった~。今年もよろしくお願いしますと挨拶してきました。

さて、家でひとやすみの後出発!
今日はみんなで多言語クラブの持ち寄りパーティーです。

ライアンは英語、そしてスペイン語ちょっとわかる~という事で、みんなが英語やスペイン語、日本語で自己紹介。
高校の先生でスポーツマン、子どもが大好き!と言ってくれるライアンは、すぐみんなの人気者に♪特に子ども達は、ハジケてました。
ゲームで大騒ぎしたあとは、お待ちかねのディナータイム!
みんながいっぱいいろんなご馳走を持ってきてくれました。
感謝感謝です!!!
小さい子がいる家族は、とりあえず子どものご飯が終わらないと落ち着いて食べたりおしゃべりしたり出来ないけど、みんなが代わる代わるライアンの所に来ては英語で話しかけてくれてたのが嬉しかった~。
ライアンも日本食にトライ!
日本を味合わせてあげようと、和菓子や豆乳ドリンクを持って来てくれた友達。しかし、ライアンはお団子、豆乳ドリンクで撃沈(爆)
ワサビは鼻を近づけただけでダメで、前の席に座ってた小1の男の子が楊枝で取って食べてあげてました。
「楓~~~!!コレはいったい何?!」
と、お皿の上で揺れるワラビ餅に不安いっぱいのライアン。1粒目は、隣の席の3歳の男の子が口を開けてヘルプ。2粒目はライアンが挑戦!・・・コーラで流し込んでいました。
みんながいろんな物を運んでくるたびに、ライアンはドキドキしていたようです。
賑やかにご飯が終わり、またゲームしてお開きに。
帰りの車の中でライアンは楽しかった、楓の友達はいい人ばかりだ~。多言語やってるなんてスバラシイ~!と大喜びしてました。

今日、みんなと一緒にライアンを迎えて、ことばを人とやっていく意味をまた見つけたような気がします。
やっぱり人間は人と生きていく動物だからこんなにことばが発達したんですよね。話を聞く事で共感したり共有したりっていっぱいあるけど、同じ場に居合わせるその時点から共有や共鳴が起こってるんだなぁと思います。その後の話も共有しやすいし、人に会うって大事だなぁ!
持ち寄りでみんながお互いに「何持って行こうかな?」って考えるのも、ライアンやみんなに何が喜ばれるんだろうって考えてくれてるっていう事。その心遣いが本当に嬉しかった!
気持ちが無いと、「話」はできないんだよね。そういう事をまた強く感じた受け入れでした。

一緒にライアンを迎えてくれたみんなに感謝!



  1. 2005/07/01(金) 23:12:20|
  2. 国際交流ボランティア|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。