+ La Mia Bellissima Vita
Buona giornata! ダンナさまと5歳の息子リークチカと私の日々のつれづれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

和スイーツ

tonyu


息子曰く、「いくらでも食べられる~!!」
な、豆乳プリン。
私は小さい頃和菓子系は苦手だったのですが、息子は大好物!
3歳のお誕生日に「ケーキじゃなくて赤福(地元の名物和菓子)にして!!ピラミッドみたいにして、ローソクしてよー!」と言ったほどの和菓子好き。
そのせいか、甘さ控えめな豆乳プリンに黒蜜、きな粉もかけたり・・・のこのデザートは我が家の定番です。作り方もとても簡単なので、最近では一緒に作ったりもします。

携帯の写真・・・おいしそうに見えないなぁ


スポンサーサイト

  1. 2006/08/18(金) 23:48:07|
  2. 私のオシゴト|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:11

気を引き締めて・・・

本日のオシゴトは某所で講演1本。
持ち時間は1時間ほど、これはいつもと同じ。

が、こんな講演会は初めて!!
というか、ワタクシ的には有り得ない。

まず、講演会2日前に開催者からメールが届き
「当日が近づいてるのに、あれもこれもやってません」
と書いてある。

レジュメが送られてこない。
当日朝になってもFAXが来てなくて、PCを見たらこちらに届いてた。
見なかったらどうするの?

朝5時起きで出発。
会場入りすると慌しく準備中。
開催側スタッフにも、当日朝レジュメが配られたようで、大変な事になっている。
打ち合わせします!と言いながら、あーでもないこーでもないと言っているのは出演者の立ち位置に付いて。そんなのビデオカメラ覗けばすぐ決まると思うのだが、全然決まらない。

・・・
言い出したらキリがないくらい、ひとつひとつについて「どうなってんの?」と思うことだらけ。

講演中も託児コーナーからは子どもの泣き声が響き渡り、我が子かと気になる人が立ち歩き・・・で、いったい誰が話を聞いてくれているの?というような状況。

様子を見ながら話すので、「これだけは伝えねば!」と思う事をエピソードを変えて何度か話したけど、話の出来としてはかなり悪い。ビデオが残ると思うと背筋が凍る思いをするほど。

講演終了後、グループディスカッションタイムになったが、グループに分かれてくださいと指示があったのみで、進行役もおらず、テーマも無い。

私自身も、業務上いろんな企画をする。
自分が主催する場合もあれば、主催者をフォローする場合もある。
自分が主催する側であれば、それはそれはよく考えて企画する。
例えば、講演会なら、わざわざ足を運んでくださった方たちが話を聞く事に集中出来る環境作り、講師が気持ち良く話せる環境作り、機材のセッティング・・・などなど、それが出来て無いと自分が落ち着かない。

今回の件で、また一段と気を引き締めてこれからの事に取り組もうと思った。




  1. 2005/11/12(土) 23:59:41|
  2. 私のオシゴト|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。